最後にして最大の情報開示

突然ですが、私は WiFi に接続できる体重計を使っています。
Withings の«Wifi ボディスケール WBS01»というもので、2010年か2011年に購入しました。毎回体重を測ると WiFi 経由で測定結果がサーバに送られ、ブラウザや iPhone の専用アプリで確認できるというものですが、この体重計、測定結果を Twitter に投稿してくれるという、良いんだか悪いんだかよくわからない機能が付いているんです。
実は私、この機能をずっとまえから利用したいと思っていたんですが、私の環境でなかなか実現できずにいました。この度ようやくその方法がわかりましたので、私が最後まで情報開示を渋っていた«私の体重»を開示することにしました。

私は生後3ヶ月にして既に体重が8kgあったという BIG な子供で、それから大学入学までの18年間、体重についてはひたすら右肩上がりの生活を送ってきました(学力とか体力じゃないところがミソですな)。
そして大学入学以降は、若干の増減はあるもののほぼ横ばいの体重でした。なので蛇足ですが、数年ぶりに会う人から「また太った?」と言われることが多々ありますが、完全に目の錯覚です(事実、まだ学生時代の服を着ている)。
つまり19歳から40歳の現在まで、ほぼ同じような体重だたわけです。
その間、特にダイエットや運動に勤しむこともなく、炭水化物や油やタンパク質をほしいがままにしてきました。

そんな生活が影響したのでしょう。約2年前(2014年12月)に大腸ガンと診断されました。それ以降の詳細はこの記事では割愛しますが、この数ヶ月はようやく体調優先の生活を送れるようになりました。
主治医からは3ヶ月に1回の外来の度に「もう少し痩せてくださいね」と言われます。今までは自分でも気をつけて、間食をやめたり運動をしたりしてきました。しかし、今この文章を書いていて«カンショク»と変換したら«間食»より前に«完食»が出てきたことからもわかるように、努力をなかなか徹底できないんですね^^;
そこで「ダイエットに対する退路を断つためには自分の体重を世間に晒すしかない!」と思い立ったというわけです。

私は毎朝起きるとまず体重を測るようにしていますが、先日からこの体重計に乗ると測定結果が勝手に Twitter に投稿されます。
というわけで、松村の体重が知りたい方は今すぐ Twitter で«@blindelux»をフォローして、毎朝のツイートをご確認ください(爆)。

4 Replies to “最後にして最大の情報開示”

  1. 公開ダイエット!頑張ってね!
    Twitterで表示されてるのは、
    体重と体脂肪なのかな?
    文字化け?してて、文字が表示されてないよー!
    ???になっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です